千葉県で遺産相続手続きや登記、遺言書作成でお困りの方は千葉遺産相続手続き・遺言相談所へ

千葉遺産相続手続き・遺言相談所

運営:ひまわり司法書士法人 相続の相談は何度でも無料!

フリーダイヤル TEL0120-979-250

解決事例-遺言書-

【Eさん・千葉市花見川区・遺言書】遺言書による相続対策(事業承継と会社の存続危機)

Eさんは、長らく会社経営をしていて、自分の死後の相続でご相談にいらっしゃいました。 懸念することは、ご自身で作り上げた会社の所在地が分割されてしまわないかという点でした。 被相続人:相談者Eさん(70歳) 相続人:妻・子供3人 Eさんは、昔ながらのたたき上げの経営者で、一代で会社を大きくさせた後、後

続きを読む →

【Oさん・千葉市中央区・遺言書】遺言の内容を秘密にして作成したいとのご要望

相談者のOさん(75歳:女性)のご相談です。 Oさんには、推定相続人が2名(長男A・長女B)でした。話を伺ってみると長女のBは、亡くなった父親より生前に多額な贈与を受けておりましたが、その後Oさん(母親)との仲が悪くなり最終的にはOさんの住んでいる実家にも寄り付かなくなった現状でした。長男のAには、

続きを読む →

【Kさん・鎌ケ谷市・相続手続き】自筆証書遺言が見つかったが、未婚で子供がいなかった事例

被相続人が自筆遺言を遺しており、姉妹、甥一人に相続してほしいとの遺言でしたが、相談者である姉妹は老年であり、甥は海外に在住しているため、手続きが複雑になり、自分たちではどのように手続きしたらよいかわからないというご相談でした。 まず自筆証書遺言について家庭裁判所による検認手続きが必要であることの説明

続きを読む →

【Oさん・佐倉市・遺言書】遺言書の検認後、中身が曖昧だった事例

Oさんよりの、ご相談。Oさんは、長年一人暮らしをしていた姉の世話を長期にわたりしてきました、その姉が体調を崩し、亡くなってしまいました。 姉の死後に、遺言書らしい書面が見つかりました、Oさんは、どう処理をしていいかもわからず、当事務所に来所されました。 その後、その遺言書らしきものを家庭裁判所で検認

続きを読む →

【Eさん・印西市・遺言書】相続人が遠方の為、遺言のある相続手続きが困難な事例

印西市在住であった、公正証書遺言を遺して、お亡くなりなった父親(Aさん)。遺言執行者にご長男(Eさん)を指名していましがたが、遠方(鹿児島)にお住まいの為、印西での手続きが困難とのご相談がEさんよりございました。 そのご相談をしている最中で、相続人である故人父親(Aさん)の奥様が、お亡くなりになって

続きを読む →

印西市の施設に住む子供がいない叔母(86歳)を心配している姪A(65歳)さんからの相談事例です。【Aさん・印西市・遺言】

叔母には子がいなく、兄妹が5名いますが、3名は死亡しており、親族付き合いしていない親族もいるため、叔母が亡くなった際の相続人はまだ調べていませんが、恐らく10名以上はいるものと思われます。 以前から叔母のことを気遣って、看てくれる長男の姪(A)に財産の管理や遺産を遺したいと、言ってはくれていましたが

続きを読む →

面識のない相続人との遺産分割協議のトラブルを避けるための遺言書【Gさん・白井市・遺言書】

Gさんは、ご自身が亡くなられた後の相続のことをご心配されて相談にいらっしゃいました。 Gさんには子供がおらず、配偶者(夫)も既に亡くなられており、相続人は弟、亡くなった兄の子供(甥、姪)の3人です。弟は幼少の頃に養子に出ており何年も会っておらず何処に住んでいるのかも分かりません。勿論、甥姪もその弟の

続きを読む →

【解決事例遺言書】孫への遺贈と遺言書作成 佐倉市 Oさん

孫へ自宅を遺贈したいという事と、遺言も同時に作成したいとご相談がありました。 相談者様(孫から見て祖母にあたる)には、子供(長男・次男)がいるが、現在、同居している次男の孫に自宅を残したいと考えてのご相談です。 長男はすでに独立し安定しており、次男もご相談者様のご意向を尊重していました。孫に相続権は

続きを読む →

【解決事例遺言書】分割協議でもめないための遺言 千葉市中央区・Uさん

奥様に多くの財産を残したいとお考えになっておられる男性からの遺言書作成のご相談があったケースです。 ご相談者様には、前妻との間に長男、現在の奥様との間に長女様がおられ、奥様に多く財産を残したいとお考えになっていましたが、前妻との間の子である長男とは行き来が少なく、将来、ご依頼者様がお亡くなりになった

続きを読む →

子供のいない場合の、ご自身の死後の為に遺言書を活用【Kさん・千葉市緑区・遺言書】

Kさん夫婦には子どもがいなかったため、「もし自分が亡くなったら、親族に迷惑をかけてしまうかもしれない」という悩みを抱えていました。子どもがいないKさんが亡くなると兄弟が相続人になりますが、兄弟が既に死亡している場合はその子である甥や姪が相続人になります。 Kさんはもともと11人兄弟であり、しかもその

続きを読む →
お問い合せはこちら女性の写真
ご相談予約専用フリーダイヤル 相続・遺言相談無料 土日祝日対応 千葉全域出張可 TEL0120-979-250 平日受付 9:00~20:00/土日祝日 9:00~18:00
24時間受付 メール無料相談はここをクリック

page top