千葉県で遺産相続手続きや登記、遺言書作成でお困りの方は千葉遺産相続手続き・遺言相談所へ

千葉遺産相続手続き・遺言相談所

運営:ひまわり司法書士法人 相続の相談は何度でも無料!

フリーダイヤル TEL0120-979-250

解決事例-相続手続き-

【Uさん・鎌ケ谷市・相続手続き】亡くなった夫(被相続人)が、借り入れの連帯保証人になっていた事がわかった事例

亡くなったご主人に、Uさんの知らないところで貸金業者からの借入の連帯保証人になっていたことが分かりました。遺産の中にはUさんが住んでいる自宅も含まれているので、借り入れ金額如何では自宅を諦めて相続放棄の可能性もある事例でした。 まずは、当事務所より、相続放棄の熟慮期間3か月の期間をご提案し伸長しても

続きを読む →

【Aさん・印西市・相続手続き】相続財産の全容が分からない、手続にも時間が割けない状態での解決事例

千葉県印西市にお住まいのAさんは亡くなられたお母様の相続手続きについてご相談いただきました。 先祖代々引き継いできた土地に住む家系なので、自宅の土地・建物だけではなく、田・畑・山林といった 土地も市内に数多く存在し、Aさんご自身でも正確には把握できていない状態でした。 その他にもお母様は農協に貯金口

続きを読む →

【Yさん・印西市・相続手続き】独身の兄弟が亡くなり、自宅(マンション)の相続事例

相談者であるYさんより、独身で分譲マンションに住んでいた弟が亡くなり、その相続をどうすれば良いかとのご相談でした。 兄弟以外は、ご両親は既に他界、亡くなった弟さんには、配偶者・子供共もおらず、相続人は兄弟のみという状況でした。 相続財産としては、預金とお住まいになっていた分譲マンションだけでした。

続きを読む →

【Aさん・八千代市・相続手続き(相続放棄)】会社経営していた父が突然他界、相続したいが多額の借金がある事例

Aさんがご兄弟で来所。突然、父が他界してしまい、相続手続きをしたいのだが、多額の借金があるという、一部は兄であるAさんが連帯保証をしており、これからどのようにすれば良いかとのご相談でした。 当事務所より、まずは相続人の確定を行う為、戸籍等の収集をし相続人がご兄弟のみであることを確認。次に財産の確認を

続きを読む →

【Fさん・白井市・相続手続き】相続人はそれぞれ自宅あり、実家の売却を伴う相続手続事例

被相続人:父(母は既に亡くなっている) 相続人:子供2名(姉・妹) 相談者のFさん(姉)よりご相談がございました。姉妹共に嫁いでおり、それぞれ自宅があるので相続と同時に実家の土地・建物の売却をしたいとのご相談でした。 資産状況としては、土地・建物(1,500万)と預金が1,000万でした。当事務所の

続きを読む →

【Aさん・印西市・相続手続き(相続放棄)】家業を引き継ぐ相続手続きと相続放棄を同時に行った事例

経営者であった父親(Eさん)が亡くなり、その息子であるAさんよりのご相談です。 被相続人:父親(Eさん) 相続人:子供4人(A・B・C・D) 父親はご自身で立ち上げた家業があり、亡くなる晩年まで経営をしておりました、相続人である子供の長男Aさんと次男Bさんは家業を継ぐ事を決めました、三男Cさん四男D

続きを読む →

【Yさん・白井市・相続手続き】相続時に、複数の銀行口座と所在がかなり遠方にあった事が発覚した事例

Yさんの父親が亡くなり、遺産整理をしていたところ、複数の銀行口座が出てきました。幾つかかは、ご自宅近くの金融機関でしたので、問題はなかったのですが、2つの口座については、関西よりも西にある銀行でした。 Yさんは、出来る限りご自分で手続き進めようと思ったいたのですが、ご自身の仕事や物理的にも遠くの銀行

続きを読む →

【Cさん・印西市・相続手続き】亡くなった主人の姉と疎遠な関係での、相続が発生した事例

ご主人がが亡くなり、相続のご相談にいらしたCさんのご相談です。 お話を伺うと、亡くなったご主人は遺言書等もとくに残しておらず、生前にCさんに財産は全て貰うようにと仰っていたそうです。。。お子さんはいらっしゃらず、相続人としては、Cさんとご主人の姉であるBさんの2人です。 ただし、Bさんとは疎遠な上に

続きを読む →

【Aさん・八千代市・相続手続(相続放棄)】疎遠の父親が亡くなり、心情的な問題で相続放棄をした事例

被相続人である息子Aさんから、長年疎遠であった父親が亡くなったとの連絡が親族よりあり、心情的な問題で相続放棄を考えているとのご相談がございました。 話を伺ったところ、家族関係の悪化から長年連絡をとっていない状態の中、父親が亡くなったと兄弟から電話があったそうです。父親の財産状況の如何に関わらず、相続

続きを読む →

【Cさん・千葉市美浜区・相続手続き】相続時に、隠し子が判明した事例

亡くなった父親Aさんには、離婚歴があり、その隠し子(異母兄弟)がいたことが相続時に判明した事例です。 父親Aさんが死亡し、相続人は、長女のBさんと長男Cさんの2名。 父親Aさんの出生までの戸籍を遡って取ってみると、異母兄弟のDさんがいることが判明。相続する遺産としては不動産と預貯金、あわせて約400

続きを読む →
お問い合せはこちら女性の写真
ご相談予約専用フリーダイヤル 相続・遺言相談無料 土日祝日対応 千葉全域出張可 TEL0120-979-250 平日受付 9:00~20:00/土日祝日 9:00~18:00
24時間受付 メール無料相談はここをクリック

page top